オンリーワンなオリT

洗濯の仕方1

基本的に衣料品は消耗品で、もちろんTシャツも同じです。特にTシャツは夏に着る場合も、冬にインナーとして着る場合でも、素肌の上に着ることが多いので、着たら必ず洗濯します。オリジナルTシャツでも、それは同じですが、洗濯したら、衣類の汚れは落ちますが傷む場合があります。せっかくのオリジナルTシャツが、傷むのは困ります。

そこで、ここではTシャツを長持ちさせる方法をお教えします。

傷む原因

衣類、オリジナルTシャツが傷むのは主に、3つの原因があります。

・摩擦
・水
・熱

以上がその3つです。

衣料品全般に言えることですが、洗濯して衣類が傷む原因は摩擦が主な原因です。特にプリントされたTシャツはプリント部分が他の衣類とこすれたりすることにより、プリント部分がはげたりする場合があります。また、水で洗うことで色落ちが出たりもします。こればかりはどうしようもありません。最後に熱を使うこと、アイロンやドライクリーニングなどを行うことにより、プリントがはげてしまうこともあります。

 

裏返して、またはネットに入れる

洗濯するときに、Tシャツを裏返して洗濯することにより、プリント部分と他の部分との摩擦を少なくすることができます。ネットに入れて選択する場合も同じ理由です。他の洗濯物との摩擦を軽減します。また裏返すことにより、素肌に触れる部分はきれいになりますので、表のままにするよりも、効率的になるかもしれません。

弱水流で洗う

強い水流だと、摩擦の力も強くなりますし、色落ちも強くなることもあります。そこで、強水流で洗うよりは、弱水流でやさしく洗った方が、痛みは少なくてすむということです。ただし、やさしく洗えばそれだけ、汚れは落ちにくくなります。そのため、汚れがひどいときは強水流で洗うしかないと思います。

襟首を輪ゴムで縛る

某裏技紹介のTV番組で紹介されていた方法です。他の洗濯物と絡んだりすることにより起きてしまう、摩擦や襟首が伸びてしまうことなどを軽減します。

単独で洗う、クリーニングに出す

Tシャツにここまでするのはちょっと過剰じゃないかと思う人もいるかもしれません。とくにTシャツは、気軽に着れるということを前提で売られているので、洗うことで気を使うことになると、なかなか着られなくなるので、「Tシャツ」ではないということになります。しかし、それでも長く着たいのであれば、それなりの気遣いは必要になってきます。特に白い生地のTシャツは色移りなどの心配もあるので、面倒でも単独で洗って見てはどうでしょうか。

それと、クリーニングに出したとしても、絶対に大丈夫とは言えません。最近では工場などで一括で洗われてしまうケースもあるので、クリーニングに出す際は、良く説明しないと出来上がりに想像とのずれが生じてしまいます。

漂白剤

プリント物は漂白剤により、ダメージを受けてしまう場合があります。無地の物でも、他の洗濯物への色移りや、逆に他の洗濯物からの色移りが起こる可能性があるので、漂白剤は避けた方が無難でしょう。

 

乾燥機

コットン製品の衣類には、乾燥機を使うことはお勧めできません。基本的にコットン製品は洗って乾燥させれば縮みますが、乾燥機を使って、急激に乾燥させると、縮み方も強くなります。

recommend

信頼できる日本刀・刀剣買取業者ランキング!相場を参考に厳選

次のページへ