オンリーワンなオリT

用語集

オリジナルTシャツを作るとき、絵などを転写するときに使われる用語集をまとめて見ました。

あ行

綾織り

経糸と緯糸の本数を変える事で生地表面に斜めのラインが入るようになります。

異形系タフタ

通常の糸の断面が丸状なのに対し、三角形の形をした糸で、光沢が出ます。

インクジェットダイレクトプリント

インクジェットプリンターで生地に直接印刷する加工方法です、風合いが柔らかくプリント面積も大きくアパレル業界では多く使われ始めた加工方法です。

オックスフォード

経緯共2本もしくはそれ以上の糸を引きそろえた平織りです。比較的、丈夫で通気性が良い。

オンス

糸の重さの単位。数字が大きくなる程、重くなる。「oz」と書く事が多い。

か行

カード系

コーマ(櫛のような物)を通さないで作った糸のことです。ごく短い繊維や不純物をカード機で除去しただけの不均一な綿糸で、コーマ糸に比べて光沢・均整度は劣ります。

カッティング圧縮シート

熱プレス機で圧着プリントできるシートでカッティングマシンでカットして使います。

カッティング圧縮プリント

カラーシートをカッティングマシーンを使ってカットして不要な部分を剥がし、熱プレス機で圧着する加工方法で、スポーツ業界などで多く使われている加工方法で小ロットの加工に適している。

カツラギ

厚く丈夫な木綿織物で横断幕などに多く使われます。

カラーコピー転写

バインダーや樹脂が付いた特殊な転写紙にカラーコピーを撮りその紙を熱プレス機で圧着するプリント方法。色数が多いプリントでは多く使われています。

からくり刺繍

ポリエステルの糸で刺繍し、刺繍した部分だけにフルカラーで昇華プリントする方法でなぜかからくり刺繍と呼んでいるかは不明。

コーマ系

短い繊維を除き、長い繊維だけを平行にそろえた細い綿糸。コーマを通し、面のけばをなくした糸。滑らかで、艶があることが特長です。

コットンスレッド

縫い糸に綿糸を使用していること。通常はポリエステル糸だが、染めた際、染まらずに残ってしまいます。綿糸だときちんと染まるため後染めが可能となります。

さ行

サテン

サラッとした光沢のある生地です。

シーチング

比較的粗く平織にしたものでタテとヨコの密度が近接しています。

昇華プリント

昇華インクを使って、ポリエステル素材に昇華プリントする方法で昇華とは、熱を加える事でインクが気化し生地に染める加工方法でポリエステルのサッカーユニフォームなどは昇華プリントが多い。綿製品には昇華できない。

スクリーン印刷

製版した版の上からインクを刷る印刷方法で1色につき1版使用ます。昔はシルクを使っていたためシルクスクリーンと呼ぶ場合が多いです。

ゼットイン

袖が、ラグランのように斜めでなく、肩の切り替え線で縦に縫製してあるもの。セットインに対してラグランがあります。

た行

タスラン

ナイロン素材でありながら、綿の風合いを出すために羽毛だててあるタスラン糸を使用した生地。ざらざらした触感があります。

ツイル

綾織(あやおり)の一つ。平織りと違って編み目が見える織り方。手触りは強いコシと張りがあります。

デジタル転写

通称デジ転と呼んでいるカラープリンターで出力した後にバインダーを刷る転写シートを作り、後で熱プレス機で圧着プリントする加工方法です。

天竺

平織りで編まれた生地。インドの事を天竺とよび、もともとインドから来たためこう呼ばれているらしい。

転写

生地に直接プリントせず、他の紙(転写紙)やフィルム(転写フィルム)に印刷してから生地にプリントする方法を転写と呼びます。

転写マーク

デジタル転写の事を転写マークと呼んでいます。

トリコット

裏地の種類。立て編みの一種で織と編みの中間的風合いをもつことが特徴。

な行

熱プレス機

熱圧着機とも呼びます。熱と圧力(プレス)でプリントする機械です。手動タイプとオートタイプがあり、オートにも電動モーターで圧力をかけるタイプと空気圧で圧力をかけるタイプがあります。

は行

ハニカム

蜂の巣状に凹凸した編柄。通気性がよいのが特徴です。

番手(ばんて)

糸の太さ。数字が小さい程、太い糸になります。

平織り

経糸(タテイト)と緯糸(よこいと)を1本ずつ交互に組み合わせた単純な織りです。

不織布

紙のようにすいて作った布など、糸を織らずに作った布です。

フルカラーカッティング

少数からフルカラーの柄のプリントができる加工方法。プリント業者によっては、これをフルカラープリントと呼んでいる業者もある。また業者によってはカラーコピー転写の事をフルカラープリントと呼んでいる場合もあります。

フロッキープリント

植毛タイプのプリントです。

ポリウレタン

ゴムのように伸び縮みする弾性繊維。ゴムに比べて軽く丈夫です。汗の塩分で黄変しやすい。PUとも呼ぶ。

ま行

マーキング

特にスポーツチームでプリントする場合にはマーキングと呼び、特に生地を熱でカットし熱プレス機で圧着する場合にはマーキングと呼んでいます。

ら行

ラグラン

Tシャツやトレーナーなど袖の部分が襟から脇の下にかけて切り替え線がナナメに入り縫製した肩と袖が一体となっているもの。ラグランに対してセットインがあります。

リップストップ

等間隔で太い糸を使用し、表面に格子状の模様が見えるようにした生地で生地の柄としてデザイン性を持たせています。

リブ

ゴム編みともいう。丸編み機で編むとフライスともいう。伸縮性があり、Tシャツでは首周りや袖口に使われます。

わ行

ワッシャー

シワ加工を施した生地でくしゃっとした感じです。

英字

Gポプリン

経糸が緯糸より多くした平織物で糸番手が太くてやや厚手の生地のことです。

T/C

綿ポリ混合糸、T=テトロン(ポリエステル)、C=コットン(綿)、通気性良く、手触りは柔らかです。

check

ビーズの卸販売はこちら